SSブログ

マクドナルド 131店舗閉店で2015年度リストラ? [国内]

日本マクドナルドホールディングスが業績不振のため


年内に131店舗閉店するそうですね。

115057_5057.jpg

昔から馴染み深くよく利用していただけに


異物混入などの事件があってから客足も遠くなったのが


現状ですね。そんなマクドナルドの店舗閉店に伴う


2015年度のリストラ人数と今後の業績改善に向けての動向を


考えてみました。

スポンサード リンク





◆閉店、131店舗!リストラ人数は?


まずマクドナルド1店舗に対する正社員の人数ですが


なんと店長一人!


大型店になると2~3人はいるそうですが


基本的には一人だそうです。


意外と少ない。じゃあ他はというとみんなアルバイトと


いうのが現状らしいです。


そんな状態でお店回るの?と思った方もいらっしゃると思いますが


現実お店を回しているのはアルバイトなんですね。


マクドナルドのシステムは良く出来ていると思うのが


バイトにも階級があるんです。


マクドナルド独自の教育を受けて正社員並の仕事を行う


「スイングマネージャー」


そしてそれにお金の管理を任せることが出来る


「Aスイングマネージャー」とランクが上がるみたいです。


まあ準正社員というか正社員予備軍といったところでしょうか。


マクドナルド1店舗あたりこの店長とマネージャーが2~3人体制で


活動しているそうですから今回の閉店で職を失う正社員は


100名以上といったところでしょうか。


もちろんアルバイトは人数には入っていないのでおそらくアルバイトを合わせると


数千人が職を失うことになりますね。


マクドナルドの本社では今年度「早期退職者」を100名前後募集するそうですが


はっきりいってまだ上半期予想でこれだけの人数。


下半期に入っても「早期退職者」を募集する可能性は否定できないと思います。


◆今後の展開は?


もうマクドナルドはダメかな?と思ったりする方もいらっしゃるかもしれませんが


そこは大手企業、ちゃんと挽回の策も施すそうで今後のビジネスリカバリープラン


をすでに立てているそうです。


4本の柱と称されているのがこちらのプラン。


①より幅広い選択肢からお好みのメニューを選べる新しいセットメニューのメカニズムの導入

②ハッピーセット用の新メニューの導入


③お客様に合わせたクーポンの配信を可能とする公式モバイルアプリのリニューアル


④店舗改装


①のセットメニューを自分で選べるのは確かにうれしいですよね。


ポテトいらないから代わりにナゲット付けようとかお客が好みで選べるのは


うれしいですね。そのときそのときで食べたいのを選べるのは実に合理的。


②のハッピーセットの新メニューも子供が喜ぶから家族で行く機会が増えそうです。


③はモバイルアプリ「KODO」のリリースだそうで今はスマホの時代ですから


スマホでお客から改善や苦情などの情報を収集するのは実に合理的。


面と向かっていえないこともありますからね。


④は今後4年間で2000店舗を改装し現在25%のモダンな店舗の割合を90%に増やす


計画だそうですが・・・店舗を改装したからお客さんがくるかどうかは


正直微妙はところですね。


◆まとめ


マスコミの過剰な反応が今回のマクドナルドの業績不振を招いた結果と


なりましたがそれでも異物混入事件などが端を発しているので


マクドナルドの品質管理が残念だったのも事実。


願わくば店舗縮小はわかるにしてもリストラなどの行為は極力


避けてもらいたいのが身を粉にして働いてきた従業員の願いでは


ないだろうか。

a0046233_2125135.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます